3年前の今日、11月5日午後2時、ゆうくんは虹の橋にお散歩に出かけました。



昨日も書きましたように、5日付けの写真はありません。
いえ、正確には、5日付けの、命あるゆうくんの写真はありません。

昨日投稿した写真の次、「DSC_3772.JPG」というナンバーの写真は、夜、ゆうくんの身体をきれいにしていただくために赴いた病院で、ゆうくんをのせたカートを撮ったものです。




この日の昼頃、突然、跳び起きたゆうくんは、ベッドからかけ出てくると、そのまま意識を失ったそうです。
最後の、そして決定的なてんかんの発作が、ゆうくんを襲ったのでした。

主治医から「万一の時は、手近な病院に急行して蘇生措置を依頼すること」と指示を受けていたママは、その通りにしました。


私は?

私は…

おりませんでした。



早朝から仕事に行っておりました。
前日来の、これまでとは明らかに違うゆうくんの様子に言い知れない不安と胸騒ぎを覚え、休もうかと思いましたが、既に病院の同行(運転はできないので、ついて行くだけなのですが)で何日か休んでおり、それは叶いませんでした。

それに、いくら容態が思わしくないとはいえ、まさかその日のうちに逝ってしまうとは考えようもなく、否、今度もなんとか乗り切ってくれると信じておりました。

ですから、情けないことですが、出かけるとき、ゆうくんがどんな様子だったのか、まったく記憶にありません。さすがに、「朝のお散歩は無理だな」と思ったのでしょうが、ゆうくんが寝ているうちに家を出たと思います。いつものように。

もし、それが今生の別れになるとわかっていれば、たとえ寝姿でも目に焼き付けようとし、起こさぬようにそっと触れたと思いますが、そんな考えは微塵も浮かびませんでした。

たった数千円がままならず、ゆうくんを見送ってあげられませんでした。

誰のせいでもない、自分のせいで。あれから今日で3年、後悔と自責の念は募るばかりです。






あの日はたまたま昼の休憩が遅くなりました。
詰め所の椅子に疲れた身体を沈めるのを待っていたかのように、電話が鳴りました。
画面の発信者はママで、私は何が起きたか悟りました。
それでも、一縷の望みを胸に電話に出ましたが…






私はこみ上げる感情を懸命に押し殺して、もう、ゆうくんを楽にしてあげてほしいと伝え、電話を終えました。

その時が午後2時ちょうど。

目の前の机を両手で思い切り叩いたことは覚えています。

仕事なんか放り出してすぐに帰りたかった…しかし、それは許されることではありませんでした。


しかし、その後は茫然としてうわの空、上長の指示を逸して「やる気ないなら帰れ」と怒鳴られ…

それでも所定の時間までは務め、急いで帰宅しました。すべては夢ならと思いつつ…

しかし、待っていたのは…









431回、3,771枚の写真を日にち順にご紹介してきた「ゆうくんのお散歩」。

今回が最終回です。
あわせて、このブログの更新も、これで終わりにいたします。

昨年、10月後半にうまく写真が投稿できなくなって更新が滞り、それは直ったんですが、ある朝、目覚めたら11月になっていました。

それっきり、パッタリ書けなくなってしまいました。

2日(2010年)にデューク、25日(2013年)にポメ、そして2014年11月5日にゆうくん…なぜかみんな11月に逝ってしまいました。

そのまま時が無為に流れ、再開のタイミングを外し、正直、もうこのまま書けないかと思っておりました。

それがこの夏、カレンダーを見たら8月23日…昨年、中断した日の投稿が、2014年8月23日の夜散歩でした。

「今日しかない」

自らを叱咤して再開しました。

再開にあたっては、写真の日付を、そのまま辿ることにいたしました。

ですから、急激にゆうくんの具合が悪くなった10月後半以降は本当に辛かった。

でも、何としてもゆうくんをゴールさせてあげなくては。
そう思って今日を迎えました。

この後、思い出巡りや、お葬式、火葬に至る写真がたくさんあります。
しかし、それはもう…「ゆうくんのお散歩」ではありません。
当時のブログに一部ご紹介してありますので、よろしければご覧ください。



更新はおしまいにしますが、ブログは閉じません。
訪ねてくださった方が、こんなポメラニアン三兄弟がいたんだなあと想っていただければ…


ありがとうございました。


2014年11月5日付けの写真はありませんが、ゆうくんを迎えた日、初めて三兄弟でお散歩に出た時の写真を彼らの魂に手向け、擱筆いたします。




2014年11月5日午後2時、ゆうくんの3回目の祥月命日に。




d0177473_11144071.jpg
(ゆうくんを中央に、ポメ・右、デューク・左。2010年6月16日)



---

# by pomedukeyu | 2017-11-05 14:00 | ゆうくんのお散歩

いつもなら、発作に見舞われても、重めの発作であっても、収まれば、ケロッとしていたものでした。

しかし、この時は違いました。

前日はへそ天になれたのに。

前夜はお散歩に行けたのに。







d0177473_18193874.jpg
DSC_3770.JPG




d0177473_18194185.jpg
DSC_3771.JPG




撮影時間は2014年11月4日午後4時8分。

「これは何かおかしい」と、戸塚の病院まで二往復したこの日。

往復の間に撮った写真でしょうか…






この2枚が生前最後の写真になりました。

---

# by pomedukeyu | 2017-11-04 17:39 | ゆうくんのお散歩

デュークの命日が過ぎ、日付が変わった11月3日の深夜、ゆうくんは重いてんかんの発作を起こしました。



d0177473_08405759.jpg

しかし、発作は収まったかに見え、18時40分頃(ブログの投稿時間から推定)には、こうして、いつものようにへそ天で、すやすや眠っていました。



そして、目覚めたゆうくんは、いつものようにお散歩をせがみました。


「いつもの発作とは違う」という思いが頭から離れず、ずいぶん逡巡しましたが、意を決して、20時40分頃、ゆうくんを抱いて外に出ました。



d0177473_08463396.jpg

d0177473_08463536.jpg

d0177473_08463887.jpg

d0177473_08464084.jpg

d0177473_08464371.jpg

d0177473_08471190.jpg




6枚の写真と短い動画(ブログで公開済み)が残りました。

足元がおぼつかない様子で、いつもよりずっと短い距離で切り上げざるを得ませんでした。


それでも、ゆうくんはがんばって歩きました。

立ち止まって、歩き慣れた散歩コースを愛おしげに見つめていたゆうくん。

恐らく、からだは本当につらかったことと思います。
しかし、ゆうくんは自分がてんかんであること、病状が予断を許さないことなどわかろうはずもありません。

ただ、ただ、歩きたかった。
いつものように、お散歩がしたかった。

だから、ゆうくんは歩きました。
最後の命の火を燃やすかのように自分の足でしっかり歩いて、「ゆうくんのお散歩」にみずから幕を引いたのでした





これが、最後のお散歩になりました。



---

# by pomedukeyu | 2017-11-03 08:38 | ゆうくんのお散歩

d0177473_17583601.jpg
今日はデュークの命日です。






3年前の今日、夜散歩の写真が残っています。
d0177473_18020774.jpg

d0177473_18021016.jpg

d0177473_18021262.jpg

d0177473_18021586.jpg

d0177473_18021749.jpg

d0177473_18025052.jpg

d0177473_18025255.jpg

d0177473_18025475.jpg

d0177473_18025619.jpg

d0177473_18041715.jpg

d0177473_18042057.jpg






これらの写真は、ゆうくんの生前にはブログにアップされることはありませんでした。

いま見返すと、いつも通りの夜散歩風景なのに。




日にちがかわって11月3日になった深夜…




明日の更新に続きます。

---

# by pomedukeyu | 2017-11-02 17:57 | ゆうくんのお散歩

d0177473_05315819.jpg

d0177473_05320210.jpg

d0177473_05320461.jpg

d0177473_05320722.jpg

d0177473_05325166.jpg

d0177473_05325418.jpg

d0177473_05325734.jpg

d0177473_05332973.jpg

d0177473_05333210.jpg

d0177473_05333589.jpg

d0177473_05333805.jpg





雨の日のお楽しみだった廊下散歩。

これが最後になりました。



---

# by pomedukeyu | 2017-11-01 05:31 | ゆうくんのお散歩