2017年 11月 03日 ( 1 )

デュークの命日が過ぎ、日付が変わった11月3日の深夜、ゆうくんは重いてんかんの発作を起こしました。



d0177473_08405759.jpg

しかし、発作は収まったかに見え、18時40分頃(ブログの投稿時間から推定)には、こうして、いつものようにへそ天で、すやすや眠っていました。



そして、目覚めたゆうくんは、いつものようにお散歩をせがみました。


「いつもの発作とは違う」という思いが頭から離れず、ずいぶん逡巡しましたが、意を決して、20時40分頃、ゆうくんを抱いて外に出ました。



d0177473_08463396.jpg

d0177473_08463536.jpg

d0177473_08463887.jpg

d0177473_08464084.jpg

d0177473_08464371.jpg

d0177473_08471190.jpg




6枚の写真と短い動画(ブログで公開済み)が残りました。

足元がおぼつかない様子で、いつもよりずっと短い距離で切り上げざるを得ませんでした。


それでも、ゆうくんはがんばって歩きました。

立ち止まって、歩き慣れた散歩コースを愛おしげに見つめていたゆうくん。

恐らく、からだは本当につらかったことと思います。
しかし、ゆうくんは自分がてんかんであること、病状が予断を許さないことなどわかろうはずもありません。

ただ、ただ、歩きたかった。
いつものように、お散歩がしたかった。

だから、ゆうくんは歩きました。
最後の命の火を燃やすかのように自分の足でしっかり歩いて、「ゆうくんのお散歩」にみずから幕を引いたのでした





これが、最後のお散歩になりました。



---

by pomedukeyu | 2017-11-03 08:38 | ゆうくんのお散歩