…あいにく、うちの子ではありませんが。


大ヒット中の映画「ペット」。



その中に「デューク」というわんこが、主要なキャラクターで出てくるそうです。


d0177473_22322801.jpg


ポメラニアンじゃないけれど


君と同じ名前の子が人気者になっているのは



なんか、とてもうれしいな。



d0177473_22323044.jpg







にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ



*「ぽち」「コメント」よろしくお願いします。励みになります。「にほんブログ村」から来ていただいた方のコメントにお返しすると、こちらのIDが「ポメパパ」ではなく「pomedukeyu」になりますのでご了承ください。




ポメラニアンも出てきます。
d0177473_22323196.jpg

ギジェットちゃん。
大活躍するそう。


「ポメ」や「ゆうくん」は…ちょっと無理か(^_^;)。

---
by pomedukeyu | 2016-08-30 22:25 | デューク

虹の橋で19歳






d0177473_11055248.jpg




大好きなママへ



デュークです。

19歳になりました。

毎年、7月10日から11月25日まではポメにいちゃんと同じ年。

にいちゃんに「同じ年だよ」というと

「同じ年でも、先に生まれたからにいちゃんはにいちゃん!」

とモメたものでした。

こちらでは、ボクたちは年をとらず

姿もかわらないので

もうモメることはありません。

こちらは、このところ

たくさん新しいおともだちがやってきて

とてもにぎやかですよ。

みんな

もう

苦しかったり、痛かったりしないから

楽しく暮らしています。

安心してくださいね。


ポメにいちゃんも

ゆうも

元気にしています。

ゆうと走り回って追いかけっこしたり

プロレスしたり

楽しいです。

あんまり騒ぐと、

ポメにいちゃんに叱られちゃいますが。


ママ


時々遊びに行ってるんですよ。

もうお話しはできないし

抱っこしてもらうこともできないけれど

ボクたちは

いつもいつも

ママとココアのそばにいます。

ママとココアのしあわせを祈っています。



またお手紙書きますね。


デューク








☆☆☆☆☆☆☆☆☆











d0177473_11055632.jpg




1997年7月10日に生まれ

その2か月後にうちの子になってくれた

キリッとした瞳の、真っ黒な顔の男の子。


ポメはひらめきで即断して名前をつけましたが

三日三晩悩みぬいて

「デューク」(公爵)と名付けました。


そんな名前とはうらはらに

遠慮深く

ママに甘えたいときは

ポメにいちゃんが眠りについてから


おずおずとやってくるような子でした。



d0177473_11055763.jpg

そのポメとは

d0177473_11055873.jpg

つかずはなれず

大人の関係というか、仲良くやってました。

d0177473_11060078.jpg

雪遊び、楽しかったねえ。
…エプロンに雪がひっついて、
えらいことになったけど。





そして

d0177473_11060197.jpg

驚きの…

d0177473_11060498.jpg

オトウト・ゆうくん登場!

d0177473_11060638.jpg

この2枚は

ゆうくんが来た日の

最初の3ポメ散歩の写真です。




もう何年も

心臓の薬を飲んでいたデュークは

ゆうくんを迎えた年(2010年)の11月2日に

13歳と3か月余で虹の橋に参りました。



でも

デュークは

苦しかったろうに

一生懸命、コンタクトしてくれて

ゆうくんは

家族になれたんです。

d0177473_11060828.jpg

上の初散歩の写真と

この写真を比べれば

ゆうくんの変化はひとめでわかります。

3ポメ時代は

けっして長くはなかったけれど

デュークは

弟ができて、うれしかったんだと思います。








ありがとう、デューク。





ごめんね、デューク。



デューク


デューク


デューちゃん…!!










ママとココアのこと


三人で見守ってあげてね。




































にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ



*「ぽち」「コメント」よろしくお願いします。励みになります。「にほんブログ村」から来ていただいた方のコメントにお返しすると、こちらのIDが「ポメパパ」ではなく「pomedukeyu」になりますのでご了承ください。






しばらくお休みをいただいておりますが、近日中に「ゆうくんのお散歩」を再開させていただきます。

---








by pomedukeyu | 2016-07-10 10:18 | デューク

うちの子になって初めての写真、次はデュークです。

d0177473_15051403.jpg


真っ黒(笑)。

おかしくて、おかしくて

…涙がでてきます。

ポメがひとりっこでは寂しいかなと

探し始めた兄弟。

一時は近所のペットショップで見つけたダックスに傾いたこともありましたが、
その時はポメがひどい胃腸系の病気から回復したばかりで、
感染の恐れがあったため見送りに。

その数ヶ月後、「愛犬の友」に広告を出していた「ポメラニアン専門犬舎」。
意外に近かったので、9月のちょうど今頃、雨の中出かけていきました。

そして出会った、キリッとしたかんばせのポメラニアンの男の子。

ブリーダーさんは手元に残してショードッグとして育てようか迷っていたそうですが、
うちの子になりました。

そして13年…


控え目で、遠慮深かった次男。

三兄弟、なかよくやってるかしら?







にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ



*「ぽち」「コメント」よろしくお願いします。励みになります。「にほんブログ村」から来ていただいた方のコメントにお返しすると、こちらのIDが「ポメパパ」ではなく「pomedukeyu」になりますのでご了承ください。





d0177473_15051910.jpg



もっともお似合いのセーターを着た、

一番、彼らしい写真。



---


by pomedukeyu | 2015-09-19 14:48 | デューク

彼の名はデューク

もうすぐ日付が変わりますが、
今日、7月10日は次男のデュークの誕生日です。

18歳になりました。

d0177473_1413115.jpg


2010年11月2日、午前6時20分、何日かぶりで抜けるような青空になった早朝、
デュークの時計は止まりました。

1997年の生まれですから、13歳3か月と23日、一生懸命生きました。

亡くなるまでの数年は心臓を病み、小さい体で苦しそうに咳き込む姿は痛々しくて。
さらに睾丸に癌がみつかりました。
しかし心臓が悪くなっているので手術は無理との診断。
幸い、癌の進行は遅く、それで辛い思いはせずにすんだのがせめてもの救いです。

ほんの数日前までは元気に部屋を走り回っていたのが、台風の日をきっかけに急に体調が悪くなって。

腎臓の機能が低下して、たった3日お医者さんのお世話になっただけで旅立って行きました。

遠慮深かった彼らしい、そして見事に潔い旅立ちでした。だったと思います。

d0177473_092012.jpg


こんなふうに、テーブルの下からひょっこり顔を出してくれないかなと思います。


初対面の瞬間に、電撃的に閃いて名付けた長男・ポメとちがって、
デュークの名前はまる3日考え抜いて、英語で貴族の「公爵」(Duke)と名付けました。

ちょっと名前負けかなと思った時もありましたが、
振り返れば、その名にふさわしく、誇り高く強く生きました。


d0177473_13495880.jpg


デュークは典型的なカメラ嫌いで、向けただけで逃げ出すので、写真を撮るのがひと苦労。カメラ目線をもらうのが一苦労。

そんなハードルをクリアして残った3ショット。

ゆうくんを迎えたのはデュークが旅立つ数ヶ月前のこと。

馴染んでくれるか心配でしたが、結果的には最初からいっしょにいたみたいな三兄弟に。

その陰にはデュークの働きがありました。
心臓が悪くなっていて、咳もひどくてつらかったと思うのですが、デュークは積極的にゆうくんにコンタクトし、時にはポメレスリングまで仕掛けて、ゆうくん「にいちゃん、参った」と言わせてアニキの威厳を示したり。

でも、こんなこともありました。
甘えん坊のポメ兄ちゃんやゆうくんがママに抱っこをねだるときは、少し離れて見ているんです。
そして、ポメとゆうくんが好きなだけ甘えて寝静まると、おずおずとやってきて、遠慮がちに抱っこをねだるんです。

d0177473_11445431.png


もう少し3ポメでいたかったね。



「99.11.30」の日付が入っているこの写真。

d0177473_21212373.jpg


何度かブログでご紹介しましたが、ポメとデュークの若かりし頃の2ショットです。ゆうくんはまだ生まれてない頃。

当時ポメは3才になりたて。
デュークは2才と4か月ちょっと。

毎年、7月10日から11月25日まではポメとデュークは同じ年になるんです。

ちょっとこくびをかしげるデューク。

名前を呼ぶと顔をクイッと傾けるのは、デュークの得意技でした。

それが本当にかわいいので、何度も声をかけました。

そのうち、デュークの方で飽きて立ち去ってしまうのですが(笑)。
この得意技も、耳が聞こえなくなってしまってからは、やらなくなってしまって寂しかった。

デュークの顔が真っ黒ですね。
うちに迎えた生後2か月の頃は、もっと黒かった。
ブリーダーさんには「黒い毛はだんだんオレンジに生え変わります」と言われ、
年をとるにつれて、少しずつ黒い毛は減っていきましたが、かなり後年まで口の周りには黒い毛が残りました。

初めて会った時、お店の展示室(ペットショップと違って、充分な広さがある長方形のスペース)で、いちばん奥からテテテテテ…と走ってきて、ガラス越しにきりっとしたまなざしで見上げた子。
(今ならスマホで写真を撮ったでしょうね。)

その日のうちにポメの弟として迎える決心をしました。

数日後連れて帰る時は、車に酔って大変でした。

すべてはもう、なつかしい思い出。




d0177473_18342119.jpg




写真に収まって、ポメとゆうくんと3人で、ココアさんを見守っています。







---









d0177473_15582513.jpg










にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

*「ぽち」「コメント」よろしくお願いします。励みになります。「にほんブログ村」から来ていただいた方のコメントにお返しすると、こちらのIDが「ポメパパ」ではなく「pomedukeyu」になりますのでご了承ください。
by pomedukeyu | 2015-07-10 23:40 | デューク

デュークの月命日に

2日はデュークの月命日。


四年前の今日も、それを話題にしていました。

前年の11月2日に虹の橋にいってしまって、
この日が四回目の月命日でした。



四年前の更新で使ったのが…









d0177473_21331876.jpg




この写真。


その後、桜の季節がめぐってくるたびに

写真を何枚も撮るのですが、



これほど見事な写真は撮れませんでした。




そのうちに…


ポメがいなくなり…


去年はゆうくんまで…





今年の桜は、三兄弟と会ったことがないココアと迎えます。




にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

*「ぽち」「コメント」よろしくお願いします。励みになります。「にほんブログ村」から来ていただいた方のコメントにお返しすると、こちらのIDが「ポメパパ」ではなく「pomedukeyu」になりますのでご了承ください。


---
by pomedukeyu | 2015-03-02 18:40 | デューク

デュークの命日の晩に…

17才まであと数時間というところで逝ったポメ、心臓病をかかえながら、13才を超えて生きたデューク。そしてゆうくんも、てんかんと闘いながら、デュークの歳を超えました。

我が家のワンコたちはそれぞれに長命ですが、実はワンコたちが来るよりはるかに以前から、当家に生息している生き物がいたのです!

その姿を捉えた写真が…

これだ!

d0177473_1740615.jpg


当家では、「ばいきん」と呼ばれています。
大小いるのは親子と考えられています。

「てんとう虫ではないか?」という意見もあるようですが、手足二本ずつ、頭でっかちのてんとう虫なんかいる筈がありません。
これはあくまでも「ばいきん」なのです。名前は「ばいきん」ですが、別に「フケツ!」と毛嫌いされているわけではありません。それどころか、親しみを込めて、「ばいきん」と呼ばれております。


その「ばいきん」に、デュークの命日の11月2日、不思議なことが起こったんです。
これまで、どうってことない懐中電灯の明かりや玄関灯を「不思議な光」だなんだと騒いで顰蹙だった当ブログですが、今度は違います!

その夜、私は悪夢にうなされて何度も目覚めました。最初起きて、トイレに立った時、トイレの前に、なにやら黒いものがうずくまっているのに気づきました。

一瞬、ゆうくんかな?と思いましたが、ゆうくんにしては小さい。

電気をつけてみると…

d0177473_18172689.jpg


ばいきん(父)でした。(写真は再現ですが、本当にトイレのドアに頭を向けて落ちていました。)

私はばいきん(父)を定位置に戻し、用を足して、床につきました。

まるで、セーブされていたように悪夢の続きが始まりました。

「うわあああ…ヘ(゜ο°;)ノ」

私は自分の叫びで目が覚めました。

何なんだこの夢は?(忘れちゃったけど)

激しい喉の乾きを覚えて、水を飲もうと台所に向かいました。
(※トイレと台所は向かい合わせ。)

また床に黒いかげが見えます。
今度はだいぶ小さい。

電気をつけました。

d0177473_18254528.jpg


ばいきん(子)でした。


ありえない!

最初に書いたように、ばいきん親子は大昔からウチにいる。吸盤でドアにつけるぬいぐるみで、経年変化で吸盤の吸着力が落ちてきていて、何年かに一回、落ちることは確かにありました。
しかしそれは、自重のある親の方で、子が落ちた記憶はほとんどありません。

まして、二つがほぼ同時に落ちたなんて初めてでした。

ありえない…

その時、私は、背後に気配を感じました。

そう、見つめられているような…からかわれているような…





d0177473_18334537.jpg







d0177473_18342119.jpg








d0177473_18334568.jpg









そうか…


来てくれたんだね…











これで終われば、デュークの命日に起きた不思議な出来事で終わったのですが、それだけでは終わりませんでした。


日付が替わった深夜、ゆうくんが大発作を起こしたのです。



…続きます。






にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


今は元気ですからご安心ください。
d0177473_18384181.jpg



命日に際してのデュークの回想は、日をあらためて書かせていただきます。



---
by pomedukeyu | 2014-11-03 18:40 | デューク

(この記事は、12日にアップしましたが、主旨を鑑みて10日付けといたしました。)







d0177473_21212373.jpg


「99.11.30」の日付が入っているこの写真、これまで何度か出させていただきましたが、
ポメとデュークの若かりし頃の2ショットです。

当時ポメは3才になりたて、デュークは2才と4か月ちょっと。

7月10日は、虹の橋に旅立った3兄弟の次男坊・デュークの17才になるはずだった誕生日です。

毎年、7月10日から11月25日まではポメとデュークは同じ年。

でも今年は…ポメが17才にならずに虹の橋に行ってから、初めての7月10日。

そちらでまたポメと一緒になれたよね?

さびしくなくなったね?


ふたりで、ゆうくんのこと、見守ってやってね。





にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ







---
by pomedukeyu | 2014-07-10 07:10 | デューク

きこえるかい、デューク

d0177473_1725096.jpg

「デューク。

このお空のどこかにいるのかしら?

デューク。

デューク。

きこえますか?

ぼく、もうすぐ17才だよ。

デュークの分まで
お散歩して、
おいしいもの食べないといけないから

まだまだがんばるよ。

デュークがかわいがったゆうくんも

時々エラそうだけど元気。

虹の橋も賑やかになって

楽しいかもしれないけど

もっと帰っておいで。

そして…

ママをはげましてあげてよ。

『ママ、泣かないで』って」



祥月命日(11月2日)の3日前のお散歩での、ポメのつぶやきでした…








---
by pomedukeyu | 2013-11-03 17:25 | デューク


d0177473_21212373.jpg







「99.11.30」の日付が入っているこの写真、
昨年11月26日のポメの誕生日にもご紹介した、
ポメとデュークの若かりし頃の2ショットです。

当時ポメは3才になりたて、
デュークは2才と4か月ちょっと。





今日、7月10日は、昨秋11月2日に虹の橋に旅立った3兄弟の次男坊・デュークの誕生日です。

今日で14才になりました。


毎年、7月10日から11月25日まではポメとデュークは同じ年。



ふたり揃ってにっこり笑った、カメラ目線のツーショット。



デュークはカメラ嫌いでしたから、カメラ目線の写真はそれほど多くなくて。

まして、兄弟揃ってツーショットでカメラ目線という写真は本当に珍しいのです。




ちょっとこくびをかしげるデューク。

名前を呼ぶと顔をクイッと傾けるのは、デュークの得意技でした。


あんまりかわいいので、何度も声をかけました。

…最後は、飽きて立ち去ってしまうのですが(笑)




この得意技も、耳が聞こえなくなってしまってからは、やらなくなってしまいました。




デュークの顔が真っ黒ですね。

うちに迎えた生後2か月の頃は、もっと黒かったんですよ。
ブリーダーさんには「黒い毛はだんだんオレンジに生え変わります」と言われたっけ。

年をとるにつれて、少しずつ黒い毛は減っていきましたが、

かなり後年まで口の周りには黒い毛が残りました。



初めて会った時、

ブリーダーさんのお店の展示室(ペットショップと違って、充分な広さがある長方形のスペース)で、
いちばん奥からテテテテテ…と走ってきて、ガラス越しにきりっとしたまなざしで見上げた子。


その日のうちにポメさんの弟として迎える決心をしました。

数日後連れて帰る時は、車に酔って大変だったっけ…



それから13年あまり。


昨年迎えた弟のゆうくんが、家に馴染むように頑張ってくれて、

ひとあし先に虹の橋に行ってしまいました。






デューク、デューク、デューク…






そちらはどう?



いつでも遊びにおいでよね。



----------------

次男なのに控え目で遠慮深かったデュークを偲んでやってください。


にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
by pomedukeyu | 2011-07-10 03:15 | デューク

お気に入りのセーター

d0177473_11445431.png

デュークは写真を撮られるのが嫌い。
そ~っとカメラを向けても、気づいたら、脱走(泣)。

フィルムのカメラ、デジタルカメラと、たくさんたくさん写真を撮りましたが、デュークの「これ!」という写真は、実はそれほど多くはありません。

この写真は、そんな中でも、デュークらしさがとてもよく出た、大好きな写真のひとつ。

「えへ」という声が聞こえてきそう。
この写真を置き、お花を飾っておやつをあげて、朝に夕にデュークとお話ししています。

着ているストライプのフード付きセーターは、Iデパートのペットショップでいただいたものですが、チラシで見た瞬間、「これだ!」と閃いたママが、飛んでいってゲットしたものです。

以来、冬が来るたびに、これを着て散歩に行きました。他にもセーターはありますが、気がつけばこれを着せていましたっけ。

この冬もそろそろ出番だったのですが、


その機会には恵まれませんでした。



デュークを荼毘にふすとき、散々迷ったあげく、衣類は手元に残すことにしました。

デュークの肌に触れたものを残しておきたくて。
by pomedukeyu | 2010-11-16 11:44 | デューク