<   2010年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

おかいもの おかいもの


d0177473_2348825.jpg


お散歩の必須アイテムとして絶賛大活躍中の「レッツゴー3ポメ号」。

今日はお買い物に登場です。「ペット入店可」のSホームセンターにお邪魔しました。

これまではお店のカートをお借りしていましたが、今日は初めて自前のカートでお買い物ですよ。

散歩では「断固歩く派」のポメさんですが、店内ではカートに乗っていただきました。

売場に入ると、ポメもゆうくん(写真ではわかりにくいですが、前方監視室で見張り中です)も
興味津々でキョロキョロ。

カートの2ポメは大注目で、みなさん声をかけてくださいました。
最初はおとなしかったポメさん、あまりにも大勢のお客さんに周りを囲まれたためか、
怖くなってしまい、後半は吠えまくりでした(^-^;

「おとなしいね~」って言ってくださったみなさん、ごめんなさい~m(._.)m
by pomedukeyu | 2010-11-29 23:48 | 3ポメの日常

へんだな へんだな

d0177473_1419196.jpg


ポメです。14才になりました。

ぼくの大好きな場所。

それはママのベッド。

前はピョーンて飛び乗って、

ママから「ポメラニアン離れした跳躍力」って言われたものでした。

でも、いつの頃からか、

うしろの足がズルってなって、落っこちちゃうことが多くなって。

へんだな へんだな


d0177473_17565754.jpg


同じようなジャンプをしてるつもりなのに。

d0177473_17593724.jpg


「乗せてよ~!」てママに言わないとのれなくなっちゃって。
(注…激しく布団をガリガリやっているため、ブレています。)

d0177473_1822941.jpg


ママがいないとあきらめちゃったり。

へんだな へんだな

d0177473_185999.jpg


そしたら

ママが「ケガしたらたいへん」って

階段を買ってくれました。

d0177473_1864840.jpg


これでまた、いつものようにママのベッドに来られるんだ。

そうか…

ぼく…

おじいちゃんになったんだな。
by pomedukeyu | 2010-11-29 06:00 | ポメ

名作アニメ「アルプスの少女ハイジ」で、
歩けなかったクララが、初めて自分の足で立ち上がった時、
ハイジは「クララが立った!クララが立った!」と狂喜乱舞します。

ゆうくんは、てんかんもあってあまりお散歩に行かなかったそうで、
外のお散歩が苦手。

うちの中では自由に走り回れるんですけど。
外ではすぐに座り込んでしまいます。

低い姿勢になって先導すると、ほんの少し歩きますが、
これまでは、ゆっくりペースで、数歩歩いてストップでした。

それが今日、「おっきな公園」で試みたところ、今までにないハイスピードで歩いてくれました。
デュークが一緒に歩いていてくれたのかな?

思わず、「ゆうくんが歩いた!ゆうくんが歩いた!」とハイジのように小躍りしてしまいました。

もちろん、ポメにいちゃんのように、「歩きますともどこまでも」というわけには行きませんが、
これから少しずつ、航続距離(?)を伸ばしていこうね。

携帯の粗い画像で申し訳ありませんが、2本続けてご覧ください。



※音出ます。ご注意ください。






by pomedukeyu | 2010-11-28 17:09 | 動画

14才になりました。

d0177473_21212373.jpg


11月26日は、長男・ポメの誕生日。
今日で14才になりました。
この年になると病気ひとつなく…とは残念ながら参りませんが、
散歩が命、食欲旺盛、いたずら大好きと、まだまだ頑張ってくれると信じています。

この写真には「99.11.30」の日付が入っています。
あと4日で撮影日からちょうど11年になる、ポメとデュークの若かりし頃の2ショットです。

にっこり笑った、揃ってカメラ目線のツーショット。
別の記事でも書きましたが、デュークはカメラ嫌いでしたから、まさに奇跡の1枚です。

この、呼びかけるとこくびをくいっと傾げるのは、デュークが小さい頃よくやったのですが、
耳が聞こえなくなってしまってからは、やらなくなってしまいました。

あんまりかわいいので、何度も声をかけたものです。
最後は、飽きたデュークが立ち去ってしまうのですが(笑)

当時ポメは3才になりたて、7月10日生まれのデュークは2才と4か月ちょっとということになります。

ゆうくんは…まだおかあさんのおなかにもいない頃ですね(笑)。

…見てると涙が出てきます。

若いですね~

この頃は、時折お腹をこわすくらいでふたりとも健康には何の不安もなく、
元気いっぱいでしたよ。

デュークの顔が真っ黒(笑)。
このブログで見ていただいた写真は最近のものばかりなので、デュークの顔はすっかり白くなってしまって。
うちに迎えた生後2か月の頃は、もっと黒かったんですよ。
ブリーダーさんは「だんだん黒い毛はオレンジに生え変わります」と言いましたが、
確かにすこしずつ「黒」は減っていきましたが、かなり後年まで口の周りには黒い毛が残りました。

ポメも、まだ仔犬の面影を残しています。
ポメと出会ったのは、1996年のクリスマス・イブ。
新宿の大ガード下という、
わんこにとってとても良好とはいえない環境に店を構えていたペットショップのガラス越しでした。
うるんだ目でじーっとこちらを見るポメラニアンの仔犬。
妙に気になって、翌日また、その店に足を運んだのです。

そしたらその子はいなくて。

「売れちゃったんだね」と話しながら、店を後にしました。
年末年始の慌ただしさの中で、クリスマスに出会った仔犬の記憶はだんだん薄れて行きました。

それから2か月ほどたった2月のある日。
また大ガードを通りかかったので何気なくあのペットショップを覗くと、

なんと、「あの子」がいるではありませんか!

「売れたんじゃなかったんだね」と話ながら見るその子は、
相変わらずトロ~ンとした眼差しで私たちを見ています。

これは運命だ。

そう思いましたが、
「犬を飼う」ということは、決して軽い気持ちで考えてはいけないことは承知しておりましたので、

一度は後ろ髪ひかれまくりながら、店を後にして小田急線の改札を通ったのです。

しかし、無駄な抵抗もそこまで。

とりわけ、「あの子を家族に迎えたい」というママの思いは何にもまして強く、改札内で再度話し合った私たちは、踵を返して、小走りでペットショップに戻ったのでした。

…それから1時間後。奮発したロマンスカー。私の膝には段ボール箱。
その中には、あの仔犬がいました。
隣に座っていたママに、その後折に触れ、「あんな緊張した顔は見たことない」とからかわれたものです。

膝に感じた段ボール越しの「重み」。
体重は700グラムそこそこでしたが、そのたとえようのない「重み」は、
13年以上たった今もなお、決して忘れることはできません。





それからいろいろなことがありました。
ほんとうに、たくさんの、たくさんの思い出ができました。

デュークは今月の2日に、ひと足先に虹の橋に行ってしまいました。

でも、新しい弟のゆうくんがやってきました。

そしてポメは14才。

1日でも、1時間でも、いえ、1分、1秒、一瞬でも永く、
共に歩みたいと、願わないではいられません。

ありがとう、ポメ…
そしてこれからもよろしくね。
by pomedukeyu | 2010-11-26 22:08 | ポメ

お薬大作戦


d0177473_0463836.jpg


ゆうくんは最近、てんかんのお薬を飲みはじめました。
発作を押さえて、てんかんという病と上手につきあっていくには、その薬は不可欠なんです。

ところが、その薬はよほど苦いのか、ゆうくんは嫌になってしまい、
最初のうちはごはんや好きなおやつに潜ませて飲ませていたのですが、
薬を探し出してしまうようになり、だんだん食欲が落ち、好物まで避けるようになってしまって、
困り果てていました。

ところが、ふとしたことから好転のきっかけを見つけることができました。
いつも行くペットショップの店員さんが
「チーズに入れるといいですよ」と教えくださったのです。

チーズ!

今回、薬のカモフラージュをいろいろ試しましたが、チーズは考えませんでした。

ポメが結石ができやすい体質で、二度も膀胱結石の手術することになって、
カルシウムのとりすぎが怖かったこと、また、デューがのどにつまらせて死にかけた
(逆さにして背をバンバン叩き吐かせて事なきを得ました)ことがあったため、
チーズはかなり前から買わなくなっていたのです。

早速買って帰り、お薬入れて与えたところ・・・

飲んでくれました~(感涙)。

チーズのように薬の臭いをブロックができる、臭いの強いものでカモフラージュしなくては
いけなかったのです。

それまで、カモフラージュに使っていたパンなどでは、薬のニオイに負けてしまって、
「ゆうくん探偵」に発見されてしまっていたのでした。

ただ、うたぐり深いゆうくんは、ご飯の用意を注視していますから、
必死で隠してチーズに薬を仕込んでいます。

一度、細工を見られてしまい、「あっ、なんか入れてる!」と警戒され、
クンクン・チェックが始まりましたが、チーズの臭いが魅惑的だったのか、
なんとかパスして食べてくれました(汗)。

チーズに飽きてしまうと困りますから、他のもの、たとえばおイモなども試してみようと思います。

ゆうくんはおイモが大好き。歯がほとんどなくなってしまっていておちょぼ口のため、
本当に小さいブロックしか入れられませんから、ホロっと崩れて薬が表に出てしまうと
アウトなので要注意ですね。

獣医さんからは、
「ごはんと時間をずらし、蜂蜜を少し水にといて砕いた薬を混ぜ注射器で流し込む」方法を
教えていただきましたが、店員さんによれば「これからずっと飲まなくてはならないので、
毎回注射器を口につっこまれて無理矢理飲まされて嫌な思いをしてはストレスになってしまうし、
誤って気管に入ったら危ないですよ」と言われ、
チーズに仕込んで、自分から食べられるようにする方法を勧められました。

言われてみればその通りです。小鳥用の給餌器を使ってみようかと
ペットショップに行ったのですが、よくご存知な店員さんにあたって、本当によかったです。

その店員さんは、「注射器や小鳥の給餌器だと、どうしても薬が付着してしまい、
必要量を飲ませられなくなるから、確実に飲ませるためにも、
丸ごと飲ます方法を選んだほうがいいですよ」とチーズを使うことを勧めてくれました。

さすが、仕事で日々子犬に薬をあげている店員さんは実践的なアドバイスをしてくれるものと
感心しました。


もしかしたら、デュークがその店員さんを通して、
私たちが忘れていたチーズを思い出させてくれたのかなあ、とも思いました。

もちろん、今後また飲まなくなったら、先生に言われた方法も試して見ますが。
また、アンコにくるんで飲ませるのを推奨してる獣医師さんのサイトも発見しました。

というわけで、一応蜂蜜もあんこも買って準備してあります(笑)。


だいじなお薬だからた頑張って飲もうよ。


ね、ゆうくん。
by pomedukeyu | 2010-11-26 00:46 | ゆうくん

まもなく14才。


d0177473_2327081.jpg


ポメです。あと30分ちょっとで14才になります。

この写真はお医者さんの検査の後で、疲れた顔をしていますが、
まだまだ若い者には負けませんよ!

デュークの分も頑張らなくちゃ。

ゆうくんの面倒もみなくっちゃ。

そして何よりも、大切なママに笑ってもらうために。

がんばりますよっ!
by pomedukeyu | 2010-11-25 23:27 | ポメ

きっとそこにいる


d0177473_0271468.jpg


今日も「レッツゴー3ポメ号」でお散歩。

歩かないゆうくんのために、くまさん柄の毛布をかけてあげました。

例によって、「前方監視室」勤務のゆうくんは、顔を見せてくれません(笑)。

そして。

ゆうくんのうしろにぽっかり空いたスペース。

ここは今もデュークの指定席。

デュークが虹の橋から遊びに来てくれた時、いつでも乗ってもらえるように、
ゆうくんは教えたわけじゃないのに、少し前につめて、
デュー兄ちゃんの席を空けてくれるんですよ。

やさしいんだね、ゆうくん。
by pomedukeyu | 2010-11-25 00:27 | 3ポメの日常

今日はポメ兄ちゃんの動画ですよ。


※音出ます。ご注意ください。





怒ってます。

激しく、怒っております。

おりゃあ、出せや、こらあ!


というセリフがぴったりな怒りっぷり。

何でこうも怒っておられるのかと申しますと。

ポメさん、これから「おうちdeシャンプー」なんですが、
いつもお散歩から風呂場に­直行なので、大好きな散歩から一転、あまり好きではないお風呂、
という展開に、毎回ご­機嫌斜めに。

まあまあ、お兄ちゃん、そんな怒らないで。
皮膚の具合を良くするためには、まめにシャンプーするしかないって、
お医者さんも言ってたでしょ。

怒り全開のポメ兄ちゃんも、あと3日(11月26日生)で14才。
健康は万全、とは言えなくなってきました。

でも、こんなパワフルなんだもの。

少しでも長く、一緒にいようね…

by pomedukeyu | 2010-11-23 20:18 | 動画

紅葉とボク 2


d0177473_7565088.jpg


今日はゆうくんと紅葉のカット。


ゆうくんは12時間おきにてんかんのお薬を飲まなくてはならないのですが、
どうもこのお薬のニオイか味がお気に召さない様子。
食事に混ぜたり、あの手この手を試みるのですが、徹底抗戦。
時にはハンストまで敢行するので、ママは困り果てています。

ゆうくん~、大事なお薬なんだから飲もうよ~。
(実際、目に見えて発作は減っています。)


デュークは薬を飲ませるのに手がかからない子で、
何年も続いた朝晩の心臓のお薬(味付き?でしたが)も、
フィラリアのお薬も、お利口に飲んでくれました。

ポメ兄ちゃんも薬嫌いですが、口を開かせてポイっと飲ませられるんです。

ゆうくんはお口が小さい上に、顔周りを触られるのが大嫌い。

すぐに

ぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃ

が始まり、猛烈に暴れまくります。


製薬メーカー様。

お願いですから、わんこ用のお薬は、すべてチュラブル(味付き)にしてください。
ニオイや味のしないものを開発してください。

どうかどうか、お願いいたします~
by pomedukeyu | 2010-11-21 07:56 | ゆうくん

紅葉とボク 1


d0177473_23342662.jpg


このところ、ゆうくんが連続出演しておりましたが、今日はポメ兄ちゃんですよ。

14才のお誕生日まで、あと1週間を切りました。

今日はきれいに紅葉した落ち葉をちょいと頭に載せて、ちょっとおめかししてみました。

ここ何日かは昼間はそれほど寒くないので、「お散歩・命」のポメさんはご機嫌です。


さあポメ、もっともっと歩こうね。
by pomedukeyu | 2010-11-20 23:34 | ポメ