<   2014年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

怒り、そして去る?

昨日のお昼の散歩より


d0177473_19333336.jpg
ふつうに歩いてたんですが…

d0177473_1933589.jpg
なんか気にくわないことがあったようで…

d0177473_19333346.jpg
怒る!

d0177473_19345646.jpg
とりあえず収まって…

d0177473_21233289.jpg
去る…




にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


d0177473_21305486.jpg
お~い、どこいくの~?




---
by pomedukeyu | 2014-10-30 19:33 | ゆうくん

前の記事と同じ日の朝散歩。


d0177473_16291263.jpg



もう、「日に2回」は当たり前で…


d0177473_16301873.jpg



たまにニンゲンの都合で朝行かれなかったりするとさあ大変。


d0177473_1631306.jpg



それこそ、午前中いっぱい怒ってます。


d0177473_1633426.jpg



…やっぱり写真とるならお日様の下ですね。


当たり前か。




にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


d0177473_16365071.jpg


いきなり迫ってきて撮れた、「THE DOG」ばりの大アップ。



---
by pomedukeyu | 2014-10-29 16:28 | ゆうくん

夜×俊敏なゆうくん=?

いまさらですが、夜はスマホじゃまともな写真はまず無理。

こんなんや…
d0177473_1204915.jpg
(かろうじて顔
はわかるね。)

はたまたこんな…
d0177473_1202040.jpg



引いてみても
d0177473_1211552.jpg



寄ってみても
d0177473_1215197.jpg



ただでさえ撮りきれないところへ、ゆうくんの動きが結構、俊敏になったものだから…

それでも楽しそうなゆうくんの姿を残そうと、今宵もまたピンボケ写真を撮り続けるのです。



にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ




d0177473_1273310.jpg
闇夜のポメラニアン



--
by pomedukeyu | 2014-10-28 12:09 | ゆうくん

昨日の夜散歩より。


d0177473_18181190.jpg
すっかり夜回り犬(笑)。



前から薄々感じてはいましたが、後ろ足が少し、動かしにくいみたいです。


d0177473_18205290.jpg
何かを感じたらしく、突然立ち止まって回れ右して、繁みの一点をガン見(笑)。

猫でもいたのかな?


d0177473_1823548.jpg

時折、立ち止まってはまた歩き…を繰り返し、少しずつ前進しますよ。

もうすぐゴール、というところで、転んでしまったので、ここで抱き上げておしまいにしました。

ちょっと前なら、ゴールまで歩いてもらったのですが、無理は禁物ですから。


細く、長く、がんばらなくていいから、楽しく歩こうね。






にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


d0177473_18281985.jpg
今朝のまったりゆうくん。




---
by pomedukeyu | 2014-10-26 18:30 | ゆうくん

さらなる試練が

d0177473_15323589.jpg
(昨日朝の散歩より)

気持ちよく晴れ渡った昨日の朝。
いつものように、片手にごみ袋をぶら下げ、もう一方の手でゆうくんを小脇に抱えて下におりました。

いつも通りの朝の散歩風景。

しかし見守る私の心中は、いつもとはかなり違いました。




先週、「ポッキン」事件を乗り越えたゆうくんに、1週間後、あらたな試練が待っていたのです。

(以下、文は刻々着信したママのLINEメッセージを基に構成。写真は今朝の散歩で撮影。)




それは一昨日(24日金曜日)の午後、ママからのLINE着信で始まりました…

「やばい!ゆうに眼振が起きてる」(12:47)

出先の私はスマホの画面を一見して凍りつきました。

眼振というのは、眼球の律動的運動(意思とは関係なく動く)で、てんかんの持病があるゆうくんにとっては、文字どおり「やばい」症状なのです。

「午前中に寝ないから(いつもは午前中は寝っぱなしです)おかしいなあと思ってたら、薬(1日2回飲ますてんかんの薬)を飲まそうとしたら、後ろ頭が左から右へ揺れてて、あれ?と思って顔を見たら眼が左から右へ左から右へと眼振してた。」(13:07)

d0177473_16592364.jpg
(昨日朝の散歩より)

ママは躊躇なく、ぬのかわ犬猫病院に電話して相談。
院長先生が診察中のため、電話に出た方は、先週診てくださったコトー先生に聞いてくださったようでした。

可能性としては①てんかん発作の違う形のもの②前庭障害③耳の問題、とのこと。
すぐにどうこうという状況ではないから、暫く様子を見て、夕方来診するようにと。
この頃には、薬が効いたのか、ゆうくんの眼振は落ち着いていました。

「薬飲ませて15分くらいしたら眼振も治まって、抱っこしてやってたら落ち着いた。ベッドに寝かせてやったら寝始めた。前庭障害的な発作が始まったのかも。夕方に合わせて来てと言われたから3時くらいに出ようと思う。」(13:39)



d0177473_80179.jpg
(昨日朝の散歩より)




そして、二週連続、金曜日の戸塚行き。
大渋滞で、「やっと今到着」と着信したのは、17時27分でした。

先週もそうでしたが、院長先生指名の患者さんが多いとのことで、先週の診察で、とても信頼を感じたコトー先生か、院長先生の、早く診ていただける方に、とお願いしました。

やはり院長先生はお忙しく、コトー先生に診ていただくことに。

「発作が起こる脳の場所が変わった可能性があって、たぶんもう少し前から変化が起こってたかもしれないって。前庭障害というよりテンカンの発作の可能性が高いって。発作で脳圧が上がり、頭が痛くてぐったりしている可能性が高いから、脳圧を下げる注射するって。
元気ないし顔が腫れてる。発作が脳幹に近い場所で起こってるから浮腫ができるんだって。だから脳が腫れて脳圧が上がっちゃうんだって。」(18:00)

脳幹!昔々、生物で「生命活動の根本を司る部分」て教わったっけ…大丈夫なのか?

診察室で飼い主に問診後、処置は奥の処置室で動物のみ連れていって行い、その間、飼い主は待合室で待つ…というのがぬのかわ犬猫病院のスタイル。
まんじりともせずに待つ、ママの
姿が目に浮かびました。

そして処置が終わりました。

「終わった。てんかんの発作だって。しばらくは、よく様子を見ないといけない。重積(発作)が起こる可能性が高いらしいから。一応座薬をもらうことにした。また同じような発作が起こるようなら薬を替えるか増やすかするって。重積が起こったらここ(ぬのかわ犬猫病院)まで来る間に脳死しちゃうから、とにかく座薬いれて近所の医者にかかれって。」(18:33)

「重積」の恐ろしさは、以前かかった病院でも指摘され、座薬もいただいてありましたが、一度も使ったことはありません。これは幸いにも、ゆうくんの発作が、これまでは「重積」レベルまで行かなかったということです。

「脳圧下げる薬を注射してもらったら、少し元気になった。体温が7度7分。低すぎ。代謝が落ちちゃってるって。ただ発作で体温が急上昇して熱中症になる場合があるから、(体温が低いのは、今は)かえっていいことだそう。」(18:35)

「注射のおかげか立ち上がったりして少し元気が戻ってきた」(18:43)

d0177473_825736.jpg
(昨日朝の散歩より)



「やっぱりテンカンの子は重積発作で亡くなる可能性が高いから、今後は様子に気を付けて、何かいつもと違うことが起きたり、今回みたいな眼振がまた続いたりしたら、脳圧が上がっている恐れがあるから、下げるための注射をしてあげた方がいいので、その都度受診した方がいいらしい。利尿剤を使ったり…って言われてドキッ!デュークが亡くなった時、利尿剤が引き金になったので、利尿剤って聞くといまだに怖いって言ったら、それは肺水腫に使う強い薬で、ゆうに使うのはもっとマイルドな経口タイプだから、そんなことにはならないからって。肺水腫になった場合は緊急性があるからやっぱり注射使わざるを得ないんだって。でもなんか、利尿剤は怖いよ…」(18:49)

そして19時01分、「じゃあ帰ります。」とのメッセージが届きました。

帰宅したゆうくんは、いつもと変わらない様子で、お預けだった晩ごはんもモリモリ食べました。

その後は疲れたのか爆睡。

そして翌朝(昨日)、いつものようにお散歩を要求し、不安げに見守る私を笑うかのように、いつものように歩いたのでした。

d0177473_834726.jpg
(昨日朝の散歩より)


そういう目で見るからだと思いますが、ほんの少し足下がおぼつかないような瞬間があったので、距離はいつもの半分にしましたが。

これまでは、診療や検査の度に「てんかん以外はまったく問題ない」と言われてきたゆうくん。

しかし、まさにそのてんかんが、一歩、よくない方に進んでいることを突きつけられたのでした。

細心の注意を払い、見守っていきたいと思います。

どうか皆さま、がんばるゆうくんに元気玉を送ってやってくださいね。





d0177473_7583372.jpg
(昨日朝の散歩より)











にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ






d0177473_7565315.jpg
10月26日朝、たった今撮影。さあ、朝ごはんにしようね。



---
by pomedukeyu | 2014-10-26 08:18 | ゆうくん

またもや雨だったので…

よく降りましたね~
ほとんどまる2日降り続いた印象です。

最近、すっかり「お散歩ファイター」のゆうくん。

彼の辞書に「雨の日は散歩は休み」という文字はない。

というわけで出かけたのですが…

d0177473_0303444.jpg
…うん、ちょっとフツーに雨降りだったね。

ちょっと前はほとんど降ってなかったんだけど、まだだめだったね。

場所を変えようね…



d0177473_0342252.jpg


というわけで、雨の日の強い味方、マンションの廊下にやってまいりました。

今日は反対側のはしっこからスタートですよ。

住んでる階の廊下を端から端まで踏破しました。

d0177473_05252.jpg


d0177473_0525391.jpg


d0177473_0524382.jpg


ほんとにねえ。
でも、明日は止むみたいよ。



とにかく、外を歩ければ気が済むようで、夕方からぎゃいぎゃいいいづめだったのが、帰ってほどなく、へそ天で夢の世界に旅立ったのでした…







にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

ゆうくんのモットー
d0177473_0554824.jpg





---
by pomedukeyu | 2014-10-24 00:24 | ゆうくん

大人気のアメリカン・ドーナッツ「クリスピー・クリーム」。

先日、初めて買い求めたのですが…






物珍しいやら、おいしそうやらで…

写真を撮るのを忘れて切り分けたり食べたり…

で…

d0177473_15395359.jpg




狼藉の限りを尽くした惨劇のあと。


「お買い物」カテゴリを作っておいて、この写真はありません。


もちろん、リベンジの機会を狙っておりましたとも。

そして、その機会は思ったより早くめぐってきました。

月曜にママが同じビルにあるクリニックで人間ドックを受けたんです。


リベンジである以上、同じ商品であることが望ましいのはいうまでもありません。

では…

どうぞっ!

d0177473_1629293.jpg


…これですよ。

やっぱ、商品紹介はこうじゃないと。

ゆうくんの反応は?

(前回の写真)
d0177473_16325481.jpg


前回はあまりおきに召さないようで、少しあげても、フンて感じで。

今回は…?

d0177473_16304795.jpg


おお、反応よさげ。

d0177473_16345941.jpg
ほしいのかい?

d0177473_16351642.jpg
この前食べなかったやつだよ?

d0177473_16353054.jpg
いやいやいや、そうは言ってませんがな。

生地のところはやめて、クリームだけ指先につけて差し出してみたら、夢中でなめましたよ(笑)。


なぜか、私も、この前よりおいしいと思いました。




にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ


見た目も大事。
d0177473_16382856.jpg






---
by pomedukeyu | 2014-10-21 19:54 | お買いもの

このブログの写真は、ほとんどスマートフォンのカメラアプリで撮っています。

スマホのカメラは、ガラケーと比べれば格段に綺麗に撮れますが、惜しいかな、シャッタースピードがとても遅い。

「ここだ!」と思って画面のカメラマークを押してから、カシャッというまで、3分はかかる。



すみません、3分はオーバーですね。


そのため、逃したシャッターチャンスは数知れず。
しかし、ごく稀に逆のケースもあるようで…


今日がそれで…





















d0177473_133527100.jpg


こんなん撮れました(爆)。

ひさびさ、「ゆうくんの変顔シリーズ」。








にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

d0177473_13442236.jpg


12時に薬を飲ませるので起こしたんだが、1分くらい揺すってもつついてもさっぱり起きず、ちょっと焦った。

d0177473_13465717.jpg


また寝てるし(笑)。低気圧が近づくと眠いみたいです。


---
by pomedukeyu | 2014-10-20 13:49 | ゆうくん

さてさて。

「ポキッ」で始まった、2日がかりの大騒動、完結編でございます。

ともあれ、まずは病院の指示を仰ごうと電話をしましたよ。

一方、ご本人は…

直後こそ大騒ぎでしたが、次第にそれが収まると

d0177473_15192679.jpg


…至って普通。

夕食はいつものように食べ、眠くなればへそ天になり…

時折、気にしてる雰囲気はあるものの、ケロッとしております。血もほとんど出なかったし(後から思えば、「歯が抜けた時」って、人間でもこんなもんなんですよね。顔周りの骨折じゃあ、こうは行かないでしょう…)。

生憎、木曜は院長先生は不在ですが、ぬのかわ犬猫病院は「チーム医療」がモットーですから、院長先生が不在でも、最善のアドバイスがいただけます。

応対した先生の見解は「現在、普段と様子が変わらないなら、遠方であるし、到着時は時間外になるので、無理せず、一晩自宅で経過を観察し、翌朝来院して院長の診察を受けてもよいのでは。もし急変することがあれば、当直医が何時でも対応します。なお、翌朝来院の際は、麻酔して手術になる可能性があるので、朝食抜きで来てください。」というもの。

麻酔!手術!ああああああ~

もうほんと、大パニックで、思考は悪い方、悪い方へと流れるばかり。
ほとんど寝られずに朝を迎えました。

…そんな飼い主を尻目に、爆睡なご本人様。







翌朝。

朝飯、朝散歩ともに抜きで、不機嫌の極みのゆうくんを車に乗せて、一路、戸塚へ。

なぜ、よりによって、こんなに混むんだ~(怒)

ほんと、雪だるま式に重なる不運。

さらに、病院はいつにも増して満員御礼!特に院長先生指定の患者が集中して、「かなりお時間かかりますが…」との無慈悲なお言葉。

ひいいいい…

いえいえ、いつまでもお待ちしますとも。すべては大事なゆうくんのため。

…で、そのゆうくんは?

d0177473_16424288.jpg


文句タラタラなのだった…(汗)


ところで、診察室から顔を出された院長先生が、「お待たせしてごめんなさい!」と声をかけてくださったんですが、そのお顔を見た私たちはびっくり仰天!

d0177473_16463244.jpg
驚きのあまりゆうくんがスケルトンになってしまいましたが(うそ)、なんせ、目の回りが青タンになり、マブタに絆創膏を貼って登場されたんですから。

先生ご本人もスタッフのみなさんも口を濁して語りませんでしたが、大したことはないと信じます。お大事に…


しかし、なかなか呼ばれない。
忙しく走り回る院長先生は何度も視界を横切るんですが…

待ってる間に、せっかく来たんだから、ゆうくんのてんかんの薬をもらっておこうということになり、受付にお願いしに行ったのですが、「先に他の先生がお預かりし、レントゲン撮影など予備診療をしておき、それをもとに院長が診察するようにしたいが…」とのご提案。

それではお願いしようということになり、ここで応対してくださったのが、「Dr.コトー」ことK先生。(仮名にする必要もない、そのものズバリなお名前なんですが、まあ一応。)

ポメも含めて、ほぼ必ず診察は院長先生だったので初めて診てくださったんですが、まだお若いと思いますが、的確・明快なこと、まるで院長先生のようでした。

さらにしばらく待って呼ばれて診察室へ。
まずは、持参した「骨」を見ていただきました。

Dr.コトーは「骨」を丹念にご覧になり、そして静かに、こうおっしゃったのです。

「形状からして、歯ですね。」


は?

いま、なんとおっしゃいました?

ベタなシャレを言ってる場合じゃありません。

これが「骨」なればこそ、飼い主2名は、それこそ夜も寝られぬ思いをして、飛んできたのでございます。

それを「歯」とおっしゃる。

d0177473_0342013.jpg


きっと、よほど意外そうな顔をしていたのでしょう。Dr.コトーは「詳しく調べてみましょう」と言い、ゆうくんを診察室の奥の処置室に連れ去ったのでした。

狐につままれたような、とはまさしくこの時の我々のこと。
しかし、突然差し込んだ一筋の光明にひたすらすがって、呼ばれるのを待ちました。




そして…

d0177473_0425627.jpg
ふたたび診察室に呼び込まれた我々をスケルトン・ユウクンが迎えたのでした。

結論。「骨」ではなく「歯」だった。

この歯が歯周病状態で残っていたため、炎症が続き、アゴの骨が歯周病で次第に溶けて侵食されていき、犬歯のつけ根に至り、生え際に隙間ができて抜け落ちてしまったと思われる。抜ける時に、多少力がかかって、あごの骨に小さなヒビが入った(これは治らない)。原因の歯がなくなったことで、今後アゴの骨が歯周病で侵食されることはなくなったので、かえって懸念は払拭された…

当面、食事等日常生活に支障なし、とのこと。


…なんですか、それ。

かえって抜けてよかったんじゃん!



あ~よかった~(涙)


どっと疲れがでたので、「解説編」は別途書かせていただきます。






にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

d0177473_11435.jpg
そのビジュアルで喜ぶのは…




---
by pomedukeyu | 2014-10-19 14:24 | ゆうくん

戦慄の「ポキッ」

d0177473_17235226.jpg


前の記事で、とつじょ出現した怪獣「スケルトン・ユウクン」(「しゃげ~」というのは、怪獣の鳴き声をカタカナで書いたらこんな感じかと…)。

d0177473_1471696.jpg


その正体は、ぬのかわ犬猫病院さんで撮ったレントゲン画像…というところまでは前の記事で書きました。

実は今回の病院行き、定期的なものではなく、結構、緊急性の高いもので、不安を抱えてのものだったのです。
しかし病院に行った後で、昨日のようなお笑い記事を書けるということは、受診によって、その不安がほぼ解消されたということですので、まずはご安心ください。

16日(金)の夕方…
お散歩に行こうとゆうくんをカートに乗せて出かけたのですが、急にゆうくんが苦しみだしたんです。
最初は重めのてんかん発作かと思ったのですが、どうも違う。
散歩は中止、急いで家にとって返し、ゆうくんを抱き上げると、カートに何か小さなものが落ちている。

それが何か、すぐにわかりました。

「あれ」が折れちゃった!

*次の記事で書きますが、実際は「折れた」のではなく、「抜けた」のでした。


「あれ」とは。
しばらく前から、ゆうくんの舌の下、左側からチロッと見えていた突起物。

ゆうくん、家にくる前から、口腔内のケアは十分じゃなかったようで、かなり歯周病が進んでいました。

見るからにグラグラの歯が痛そうだけど、抜歯なんて麻酔なしには…と思っていましたら、布川先生は何回かに分けて、麻酔なしで抜いてくださいました。一方で食事をミルでドロドロにすることをアドバイスしてくださり、結果、いやいや遊びながら1時間もかけて食事していたゆうくんが、見違えるように食事に対し意欲的になり、食事時間も短くなりました。

歯が痛かったんだね、ごめんね…

さて。問題の「あれ」に戻ります。

私たちは
てっきり、最後に1本残った犬歯だと思いました。
ところが、「これも抜いていただけませんか?」とご相談したところ、「この歯(最初のうちは、確かに歯と言われた)は、溶けてしまって離れている左右のあごの骨を支えるように生えていて、迂闊に抜くと、支えがなくなって下顎の骨が割れてしまう」とのお答え。下顎の骨が割れちゃったらご飯が食べられなくなってしまうので、これは大問題。

d0177473_1115578.jpg


それは大変だ!と、以後、細心の注意を払うようになりました。

その後、シニア犬にありがちな「あごの骨が溶けて後退」が進んだのか、「あれ」はますます突出した感じに。

再度病院でお尋ねしたところ、「歯ではなく骨」とのこと。

d0177473_11222044.jpg


また、「骨が歯肉を破って飛びでている」状態なら、そこから歯周病菌が入ったら、脳にまわって、脳がやられてしまう危険が高い…とも言われました。場合によっては、手術で肉に埋め込むしかないが、この子はてんかんで麻酔が難しいから、できるだけ避けたい…

どんだけ~?

そんな背景あっての「ポキッ」でしたから、飼い主は驚天動地。

何はさておき、病院に電話したのでした…



…長くなりましたので、もう一回続きます。


にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ



d0177473_11394371.jpg
これと似てる(笑)。(ウルトラマンに登場したシーボーズ)





---
by pomedukeyu | 2014-10-19 11:56 | ゆうくん