ゆうくんとケイトさんとケイト組の仲間たち

一昨日の10日、お客さまをお迎えしました。

お客さまは「アイドッグ・レスキュー隊」代表のケイトさん

ゆうくんが逝ってしまったのは11月5日の午後2時。
決定的な発作が襲ったのはその30分ほど前。
その1時間前まで、ママがメールのやり取りをしていたのがケイトさん。
「呼吸が苦しいのなら酸素室を手配しては?レンタルもあるから…」等アドバイスを戴きました。

ゆうくんが旅立ってから数時間後、ママはそのことをメールでお知らせしました。ケイトさんの驚きはどれほど大きかったか、察するに余りあります。

d0177473_23241102.jpg
ケイトさんは、2年もの間、寂しくお留守番していたゆうくんと、わが家を結びつけてくださった恩人。
(2010年6月16日、ゆうくんを迎えに行った時の写真。左からペリさん…ケイトさんが当時属していた愛護団体のお仲間、ケイトさん、ゆうくんを抱いたママ、2年間ゆうくんの世話に通ったシッターのSさん)

「ゆうくんのお参りに…」と言ってくださって、この日、お訪ねくださったのでした。

ゆうくんのこと、保護活動のご苦労のこと、たくさんお話ししてくださって、楽しいひとときを過ごすことができました。

楽しくて…本当に楽しくて…


またまたまたまた、写真を撮るのを忘れました!

最初に白状しておきます…(;´д`)。


たくさんお土産をいただきました。

d0177473_20385410.jpg
きれいなお花。お葬式前後にいただいた山のようなお花もさすがにいなくなってきていましたので、祭壇がパァッと明るくなりました。
d0177473_20421385.jpg


d0177473_20424063.jpg
期間限定品を含む、おいしいシュークリーム。さっそくいただきました。

そして…

写真右下の「アイドッグ・レスキュー隊」のカレンダー。

ここでケイトさんから思いがけないお言葉。

「ゆうくんも載ってるんですよ。」

えっ…

夢中でページを繰りました。




d0177473_204071.jpg





ゆうくんだ!



胸が一杯になり、ママも私も、こみ上げるものを押さえることができませんでした。

保護犬ではないゆうくんは、愛護団体(ケイトさんが当時属していた団体)扱いではなく、ケイトさん個人による紹介だったので、団体のホームページやカレンダー等の印刷物に載ることはありませんでした。

ご自分の団体を立ち上げられたケイトさんは、初めて作ったカレンダーに、ゆうくんを載せてくださったのです。

たくさんのケイト組の仲間たちと一緒のゆうくんの写真をみて、涙が止まりませんでした。

ケイトさんは、「ゆうくんも仲間だからね」とおっしゃってくださり、オフ会にも何度も誘ってくださいましたが、ポメが具合が悪いときと重なるなどして、果たせませんでした。

11月2日にもオフ会があり、お誘いいただいていましたが、前月末からゆうくんの体調がおもわしくなく、さんざん悩んでとりやめました。

そして、その深夜(日付は3日)に重篤な発作に見舞われ…

ついに参加する機会には恵まれませんでした。







ケイトさん、ありがとうございました。


ほんとうに、ありがとうございました。









にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

*「ぽち」「コメント」よろしくお願いします。励みになります。「にほんブログ村」から来ていただいた方のコメントにお返しすると、こちらのIDが「ポメパパ」ではなく「pomedukeyu」になりますのでご了承ください。






カレンダーは祭壇の特等席に…
d0177473_20412698.jpg


---

使っていただいた写真は10月4日のお散歩で撮ったこの写真。
d0177473_019420.jpg
ゴール直後のどや顔です。私たちも大好きな写真です。ケイトさんは、わざわざブログを見返して、これを選んでくださったそうです。

ちょうど一ヶ月前だったんだ…

---
by pomedukeyu | 2014-12-12 20:29 | ゆうくん